日本食文化の源 米に少し回帰して食料自給率アップ!将来の子供達のために!

会社概要 我々のミッション お問合せ


スローガン画像

【自社開発ブランドKOMEHEN+の展開】

【KOMEHEN+

 現在、パンや麺の消費に押され“米”を食べる(もしくは摂取する)習慣が減ってきている。米そのものを食べる機会はもちろん、食生活の欧米化に伴い、家庭で和食を作る機会も減ってきているため、米を原料とする本みりん、米酢、味噌などの発酵食品、日本酒などの発酵飲料の消費も減少傾向にある。そんな中、消費者の意識を米食(べいしょく)=欧米化する食文化ではなく、米食(こめしょく)=米を食す文化に移行させる。また、「和食」がユネスコの世界無形文化遺産に指定されたこともあり、改めて日本人が「和食」を考える必要があり、和食の中心には必ずと言っていいほど“米”があります。
  自社で開発した商品や関連した商品ブランドを「KOMEHEN+」(こめへんぷらす)とする。KOMEHENは米の辺りや漢字の米へんを意味し、米をメインに米を用いた周辺商品の強化・拡大、さらに米の消費を増加したい意味を持って名付けたブランド。

「米食・べいしょく」から「米食・こめ食」へ
日本の食文化の源、「米」に少し回帰して食料自給率をアップ、
将来の子供達のために!

*米食・べいしょく=欧米の食事